『子どもの教育資金』に不安。上手に貯金する方法教えます。

目安時間:約 4分

    • 教育資金ってどれくらい必要なの?
    • 教育資金ってどうやって貯めればいいの?
    • 難しい話は苦手なのでわかりやすい教育資金の考え方が知りたい。

頑張って働いて貯金してるつもりだけど教育資金は足りるかな?

子供には出来るだけ苦労させたくない。

 

この記事では、

教育資金がどれくらい必要なのか、また上手く貯金する方法などを紹介していきます。

 

大学までいくら必要?

参考:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」、文部科学省「私立大学等入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人あたり)平成30年度」、独立行政法人日本学生支援機構「平成30年度学生生活調査」

 

大学を卒業するまでにかかるお金はおよそ上の図のような感じです。

大学生の約4割が私立文系に進学するので図では私立文系の教育資金を載せています。

理系、医歯薬系に進学するとさらに高額になってきます。

 

高校卒業までに大学資金を貯めるべし!!

高校卒業までは毎月の家計費から教育資金を払うのが基本です。

しかし大学の学費は1年分や半年分などまとめて支払わなければなりません。

 

また大学を受験する際にも受験料や入学金、宿泊費等もかかってきます。

私立文系の場合、教育資金430万円+受験にかかるお金を合わせるとおよそ500万円必要になってきます。

 

つまり、高校卒業までの教育資金は家計費から捻出して、高校を卒業するまでに500万円は貯金がある状態にするのがベストです。

 

500万円貯める場合、毎月の貯金額は?

高校卒業までに500万円貯める場合、毎月の貯金額は下の表のようになります。

 

貯金開始時期 毎月の貯金額
0歳 24,000円
小学1年 35,000円
中学1年 70,000円
高校1年 139,000円

※1,000円未満は切り上げ。

 

貯金開始時期が早いほど難易度は低くなります。

早い時期から貯金をするのが大切ですね!

 

 

まとめ

教育資金はたくさん必要だからと辛く過酷な節約をし、それでも子どもの為のお金はこれで足りるの?と不安な日々を送るのはしんどいですよね。

月々いくら貯金すれば良いのかが分かれば、不安は解消されて生活にも余裕が出てくるはずです。

無理なく確実に教育資金を貯めていきましょうね!


カテゴリ:家計管理 

貯金ができない子持ち家庭は先取り貯金がオススメ!

目安時間:約 6分

給料日がまだなのに、財布の中にお金がない。

 

お金があればあるだけ使ってしまう。

 

子どもの為にと色々買ってしまう。

 

 

結果、貯金が増えない!!

 

そんな人にオススメなのが先取り貯金です。

 

先取り貯金とは?

先取り貯金とは、毎月の収入から先に貯金分を確保して

残ったお金で生活をする方法の事です。

 

つまり、貯金の余りが生活費という考え方です!

 

生活して余った分を貯金してた!

逆の方が良かったの!?

先取り貯金の方法

先取り貯金の方法は下のような流れでやっていきます。

1.先取りする貯金額を決める。

2.収入から、先取り貯金分のお金を貯金用口座に移す。

3.残ったお金で生活をする。

 

 

1.先取りする貯金額を決める。

先取りする貯金額を決めていきます。

 

貯金額を決める時に注意してほしいのが、

「毎月○万円貯金する!」と金額で決めないことです。

 

たとえば自営業だったり、子どもが熱を出して仕事を休んだ場合など、

多少なりとも毎月の収入にバラつきが出てしまいます。

 

収入が少ない時でも○万円貯金しなければならない。

生活がカツカツになり、いずれ貯金に手を出してしまう事に・・・。

 

そうならないためにも、

「収入の○%貯金する!」と割合で決めましょう。

収入や世帯の人数にもよるけれど、
収入の20%前後を貯金する人が多いみたい。
10%~30%の間で貯金額を決めるといいかも♪

 

最初は低めの割合で実践し、少しずつ調整してベストな割合を見つけよう!

 

 

2.収入から、先取り貯金分のお金を貯金用口座に移す。

手続きはちょっと面倒ですが、

貯金に手を出してしまわないように貯金専用の口座を作りましょう。

 

貯金専用口座のカードは、
使わないようにタンスにしまっとこ。

 

3.残ったお金で生活する。

先取り貯金分をのお金を貯金専用口座に移したら、

あとは残ったお金で生活するだけ!

 

まとめ

貯金を先取りしておくことで

「貯金しなきゃ!生活を切り詰めなきゃ!」という気持ちから開放され、

毎月確実に貯金することが出来ます。

無理のない金額から、ぜひチャレンジしてみてください♪

 


カテゴリ:家計管理 

ページの先頭へ