外食すると子供がじっとしない!我が家はコレで乗り切りました。

目安時間:約 5分

 

 

外食すると子どもが騒ぐ。
育児あるあるだと思うんですが毎回大変ですよね。

 

 

    • 注文してから料理が届くまでじっとしていない。
    • お腹がいっぱいになったら騒ぎ始める。
    • レジの近くにあるオモチャやガチャガチャが欲しいと泣く。

 

こんなパターンが多いんじゃないでしょうか?

 

外食ぐらいイライラせず、息抜きをしたり楽しみたいですよね。

我が家でやっている外食対策をまとめてみたのでよければ参考にして下さい。

 

無料のぬりえや迷路を持って行く

我が家では無料のぬりえや迷路を外食時に持って行きます。

インターネットで探して印刷するだけなので手間もお金もほとんどかかりません。

 

最近だとこの2つのサイトをよく使っています。

 

かわいい動物ぬりえや、完成すると絵本になるようなぬりえ、大人向けのぬりえなど種類が豊富です。

 

 

 

 

ぬりえやさんと名前が似ていますが、この2つは姉妹サイトです。

 

簡単な迷路からちょっと難しい迷路まで色んな種類の迷路があります。

しりとりしながらゴールを目指す迷路など変わり種の迷路もあります。

 

 

紙に印刷して、色鉛筆と一緒に荷物にまとめて外食へGO。

紙を丸めて輪ゴムで留めればそんなにかさばりません。

 

ぬりえも迷路も静かに集中してやる作業なので、割と大人しく座っていてくれます。

 

ダイソーのシールブックが使える!

焼肉食べ放題やピザ食べ放題などの長めの外食の時は、ぬりえや迷路以外にシールブックも持って行きます。

 

ダイソーにはオモチャがたくさん売っていますが、シールブックもあるんです。

シールコーナーではなくナンプレや平仮名のドリルなどが置いている所に大体あると思います。↓こんな感じで。

 

娘はシール大好きっ子なのでシールブックで遊んでいる間が一番大人しいです。

シールをペタペタ貼っている間に大人は集中して食べる事が出来ます。

シール様ありがたや。

 

渡し方とタイミングが重要

料理を注文する前に渡してしまうとすぐにやり初めてしまうので、ご飯を食べ終えたら迷路やぬりえ、シールブックなどを渡すようにしています。

 

お店に到着したら、

「他のお客さんもご飯食べてるから、騒いだり歩き回ったりしたらダメだよ。ご飯を全部食べられたらご褒美あげるね!」みたいな感じで一言声をかけておくのも忘れずに。

 

子供だから騒いだり歩き回ったりするのは仕方ない?

子どもにとって騒がず大人しく座っているのはなかなか難しい事です。

 

でも、だからと言って騒いだり歩き回ったりするのを仕方ないと放置するのはいけない事だと思います。

他のお客さんが気持ちよく食事をするためにも出来る限りの対策は必要です。

 

お店は騒いだり遊んだりする場所じゃないという事をしっかりと子どもにも伝えるようにしましょう。

 


カテゴリ:育児 

ページの先頭へ